狭さを感じさせない狭小住宅で都会に家を持とう

男性と女性

海が魅力的な地域ゆえに

間取り

海が見える物件なら

神奈川県の茅ヶ崎は駅を中心として海のある南側と、そうでない北側とでは土地や物件の価格に違いが生じるケースが一般的に多いです。これはどうしても海のある方が茅ヶ崎らしいといったイメージが強く、それゆえに人気が集中するエリアであるため、土地はもちろん物価なども観光地価格という高額に繋がっています。もっとも北側はそれゆえに同じ茅ヶ崎でも不動産価格などは南側よりもリーズナブルな傾向にある上、公共施設や大型の商業施設、公園なども集中しているため、ファミリー層などには最適で住みやすくはあるのですが、それでもやはり海が見える場所がどうしても良いといった場合、土地と建物の両方に費用がかかる新築一戸建て物件よりは、すでに土地も確保されていて建物が存在している中古一戸建ての方が出費を抑えらえる傾向にあるとして注目されています。もっとも海側は土地もさほど広くなく、地元民も住み続けている傾向があるので、空いている中古一戸建てはそれほど数が多いわけではないのが現状です。それゆえに貴重な中古一戸建ての情報を見逃さないためにもインターネットで複数の業者や不動産情報をチェックすることはもちろんですが、情報量の多い茅ヶ崎にある地元の不動産業者などに足を運び、担当者から直に情報を提供してもらえる環境を作っておくと、より有利に自分の好みにマッチした中古一戸建て住宅と巡り合える可能性も高まり、憧れの海の見える湘南ライフの実現へ近づくことができます。