狭さを感じさせない狭小住宅で都会に家を持とう

レディ
間取り

海が魅力的な地域ゆえに

湘南の海といえば茅ヶ崎といったイメージも定着しており、観光だけでなくサーファーなどの海を愛する人達からは憧れの地域として、都心などからの移住者も大勢います。しかしそれゆえに海のある南側は人気の高まりによって土地価格も高額なため、新築を建てるよりは中古一戸建ての方が狙い目として脚光を集めています。

一軒家

トータルで生活を考える

子育てを含めた将来的な生活を考えた場合、交通手段が確保されていることは、しっかりと考慮すべき点と言えます。大阪、和歌山の県境に位置する南海沿線の駅に隣接している住宅街では、これらを確保した戸建てを多く見ることができます。

限られた土地での家作り

間取り図

狭小住宅とは、一般的な土地と比べて狭い土地に建てられた小さな家のことです。明確な定義はありませんが、およそ15坪程度の狭い土地に建てられた家のことを指す場合が多いと言われています。土地が小さい日本ならではの住宅形態ですが、実は狭小住宅にも様々なメリットがあり、あえて狭小住宅を建てる、という人も少なくありません。メリットの一つが、金額についてです。家を建てる場合、まずは土地を購入することから始めます。土地は、坪単価が決まっており、坪数が多くなればなるほど、金額が高くなります。狭小住宅では、通常の土地に比べ土地代が格段に安くなるため、建てる家そのものにかけるお金を多くし、上物を豪華にすることが出来ます。それでも、全体的に見て通常の住宅よりも大幅にコストダウンしながら、夢のマイホームを建てることが出来るのが大きなメリットです。その他、アイディアの詰まった個性的な家に出来る、というメリットもあります。狭小住宅であるからこそ、居住スペースを有効活用出来る収納できるキッチンや、収納できる寝室など、個性溢れるオシャレな家の作りにすることが可能になります。また、狭いながらも、窓を大きくする、吹き抜けを作る、スキップフロアを作るなど、工夫とアイディア次第で部屋を広く見せることも十分可能なのです。また、可能であれば三階建てや四階建てにすることで、さらにスペースを確保することが出来るのです。アイディア溢れる素敵な家を建てましょう。

部屋

自然素材の住宅

滋賀の注文住宅の特徴は、漆喰・無垢の床・自然塗料を使用し、住宅環境のよい家づくりがされています。住宅を設計する場合は、家族構成や将来のことも考えたうえで設計を行なっていきましょう。また、注文住宅でもコストを抑えて建てることもできるので、総合的に検討することは非常に大切です。